音響免疫療法の椅子(音響チェア)
自己治癒能力を高めるには、免疫システムが良く働く環境の設定がカギ。
体内のほとんどの酵素がよく働く温度が約37度。低体温はアレルギーやガンに至るまで、様々な病状をひきおこしやすくなります。
人の臓器は部位によって周波数が違います。正しい周波数を伝えることで調整し、きちんと機能する状態を保つ。ピアノやギターの音がブレたらそのまま演奏はしないですね? 調律するとまたきれいな音色をだすように、人間の体のブレ(不調)を調整していくのがこの音響チェアです。
お問い合わせフォーム
全て必須